歯科でも自宅でもできるホワイトニング

歯科でも自宅でもできるホワイトニング。

これを利用すると、憧れの真っ白な歯をゲットできます。

但し、その効果が永続するものではないということは注意しておきましょう。

数ヶ月から一年は持つとはいえ、一時的に歯の表面を白くしただけで、歯の性質自体は変わりませんから、持続期間が過ぎれば、また少しずつ汚れていくわけです。

これに対して、歯科矯正は、矯正後にまた歯並びが悪くなってしまう可能性はほぼ無いと言っていいでしょう。

女性が歯並びの矯正を行うと、多くの方が、前より美人と言われるようになるといいます。

乱れた歯並びよりも、綺麗な歯並びの方がずっと印象がいいということでしょう。

歯並びの良し悪しはそれほど大事なことなのですね。

しかも、矯正が美人を作ると言われるゆえんとしては、出っ歯や受け口などの解消により、歯並びのみならず顔の形も綺麗になったとの話もあり、メリットは大きいといえます。

気になる歯科矯正の仕方をご説明しましょう

ワイヤーやブラケットという器具で歯を押さえつけ、おかしな位置や角度で生えている歯を正しい噛み合わせや歯並びに調整するという技術です。

行ってみれば盆栽の針金かけのようなものですね。

どんな器具が活躍するかというと、歯に付けるブラケットの中にワイヤーを通した、マルチブラケットというものが一般的です。

また、歯並びや噛み合わせの矯正後は、リテーナーと呼ばれる保定装置をしばらく付けておく必要があります。

歯列の矯正中に気を付けなければならないのが、第一に食事、次に運動があります。

矯正中は、器具の間に食べ物が挟まることが避けられないので、歯磨きやマウスウォッシュなどによるこまめなケアを怠ることはできません。

さらに、運動時など力を入れる際には、無意識に歯を食いしばってしまって、矯正中は、器具で口腔内の粘膜を傷付けるおそれもありますし、せっかく動かしている歯に別方向からの力が加わる悪影響もあります。

他にも細々とした注意点があるので、矯正を始める前に確認しておきましょう。

一度は白くなったのにまた黄ばんでしまった、などという相談がホワイトニングでは後を絶ちません。

ホワイトニングの手法、また日々の生活により、ホームホワイトニングで一年程度、オフィスホワイトニングなら半年程度しか白さは続きません。

最も高い効果を求めるなら、審美歯科でホワイトニングを受けるのが一番ですが、利用するホワイトニングの手法に加え、平均的な持続期間はどのくらいなのかを聞いた上で治療に入るという手順を踏みましょう。

また、ホワイトニングと並行して歯列矯正も行いたいなら、いずれにも長けた歯科を選ぶべきです。

参照記事
歯のホワイトニングをセルフで

 

 

カテゴリー: blog パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です