矯正を始めたのは成人してからでした。

ずっと歯並びが気になっていたのですが、矯正を始めたのは成人してからでした。
ワイヤーを付けるという方法自体は子供と同じですが、歯並びが顎の骨が完成してしまっている分、長期の矯正を根気強く進めるしかないということでした。
舌の位置も、今ある歯の形に慣れているわけですから、矯正後の歯並びに合わせた形に変えていかなければなりません。
治療完了までには平均して2年くらいの時間は必要ですから、矯正を受けたいと思っているなら、審美歯科になるべく早く相談することを推奨します。
歯科医療の技術が進んでいる諸外国での歯科矯正は、日本よりも費用が安くて済むのかというと、そんなことはないというのが結論です。
例えばアメリカで歯科治療を受ける場合、概ね5
000ドルが相場とされ、保険も効かない場合が多いです。
歯並びの矯正は、時間と根気が要る治療です。
矯正完了まで何度もクリニックに通って、経過観察や、器具の調整をしてもらうことになります。
この点、アメリカの歯科医院では日本ほど小まめなケアは望めないので、国内で受けるのが無難でしょう。
マウスピースを使った矯正の良いところは、何と言っても目立ちにくいということでしょう。
マウスピースを装着しているかは人から見て分かりにくいですし、マウスピースの種類によっては装着時間が短いものもあります。
こうしたものは、会社や学校では外しておいて、在宅時や寝るときだけ装着すればOKですから、誰にも気づかれること無く歯列を整えることが出来ますので、矯正中の口元の審美性にこだわる方には良いかもしれません。
一風変わった体験談として報告されることが多いのは、歯並びの矯正をすると、肩こりも治ったという話です。
歯を支えるアゴの骨は、頭蓋骨と繋がっています。
歪んだ歯並びの影響は首からさらに肩へと及び、歯並びの悪さが肩こりにまで繋がることがあるのですね。
体を動かしているのに肩がこるという人で、そういえば歯並びが悪いんだという方は、近くの歯医者さんに行ってみることをお勧めします。よく読まれてるサイト⇒ホワイトニング セルフ ランキング

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です